空間を有効活用できる!

ベッドのいいところって、まだ他にもあると思うんですよ。
けっこう大きいのは、「空間を有効活用できる」ってことじゃないかと思うんです。

私の家もそうなんですが、今ワンルームマンションとか、
押し入れがないところも多いですよね。

そうすると、布団をしまう場所がないから、
布団なりマットレスなりを畳んだとしても、部屋の隅に置いておかないといけないことになる。

いやまあ私の場合は、もう敷きっぱなしなんですけどね・・・。

そうすると、その布団やマットレスを置いてある場所が、
寝ていない時間帯には、全くのデッドスペースになってしまうわけですよね。
これは空間の活用法としては、もったいないということになります。

ところがベッドの場合は、そうではないんですね。

まずベッドは、「ソファ」としても使うことができる
特に最近人気の、フレームがなくてチョット低めのタイプだったら、
その上に完全に座れるわけですよ。

これはいいですよね。

ベッドだけ買えば、ソファはとりあえず、買わなくてもいいことになるし、
友達とかが来た時にも、ベッドに座ってもらえば、それでOKだってことです。

布団だと、やはりそういうわけには行きませんよね。

それからベッドの下に収納が付いている場合もあるでしょう。
これはさらにいいですよね。

収納がついていれば、そこに色々しまうことができる。

ソファとしても使え、さらに収納家具としても使えるとしたら、
空間の有効活用として考えれば、非常にメリットが大きい!

私のような狭い家に住んでいる人間にとってはうってつけ!
そういうことになるんじゃないかと思います。

これは絶対、ポイント高いですよね。

ああ、私もベッド、ますます欲しくなてしまったわ・・・。

ベッドのデメリット

ベッドのメリットは、たくさんあることが分かりましたけど、
メリットばかり考えているのは、やはり公平ではありませんよね。

そこで、ベッドのデメリットも、あわせて考えてみることにしました。

まずベッドのデメリットとしては、「干せない」というのが大きいんじゃないかと思います。

布団は、敷き布団も掛け布団も、干すことができますよね。
それで日光消毒して、清潔を保つことができるわけですよ。

ところがベッドのマットレスは、干すことができない。
だからどうしても、不潔になりがちではありますよね。

だからベッドの場合、清潔を保つためには、
それなりに適切な手入れをしないといけないことになると思います。

それはたしかに、多少面倒くさいかもね・・・。

それからベッドの下が空いているタイプだったら、
そこにホコリがたまりやすいっていうこともあるかと思います。
掃除機も入りにくかったりするわけですしね。

だからベッドがあると、掃除もちょっと面倒なことにはなるかもしれません・・・。

あと、「落ちる」っていうのもあるかと思います。
私もこれは、かなり不安です(笑)

Comments are closed.